ニキビがある肌が相手に不快感を与えてしまうのでは…。

ニキビがある肌が相手に不快感を与えてしまうのでは…。

ニキビが顔などみえるところにできてしまった場合、やはり気になるのは人の目です。

思春期ニキビでしたら友達や好きな人からどう見えているのか気になりますし、大人ニキビでしたら仕事相手にどう思われてしまうのか不安になるでしょう。

ニキビがある肌が相手に不快感を与えてしまうのでは、と悩んでしまうことが多いようです。

それから、ニキビ跡が残ってしまうのではと不安になったり、実際に跡が残ってしまって悩んでいる人も多くいます。

若いうちは肌のターンオーバーが一定周期で行われますので、ある程度の跡は消えることがほとんどです。

しかし、年齢を重ねてからできた大人ニキビや、同じ場所でしつこく繰り返してしまったニキビなどは跡になってしまうことが多く、最悪の場合クレーターのように肌がでこぼこしてしまうこともあります。

ニキビが繰り返しできてしまったり、市販のニキビケア用品では改善できない場合、クリニックで治療を受ける必要があります。

しかし、通院することになるとお金もかかりますし、人気のあるクリニックはなかなか予約がとれません。

まずは、このサイトで紹介しているケア用品で試すことをオススメします。

何より、ニキビができてしまうと鏡を見るのも嫌になるほど自分自身の気持ちが落ち込んでしまいます。

日頃からニキビができないような生活習慣を身につけておきたいですね。

ニキビができてしまうと跡が残るのではないか、すぐに治す方法はないだろうかなど、気になることはいろいろあります。

皮膚科の医師やニキビケア用品を販売している会社に寄せられるニキビに関する質問で多いものにはどんなものがあるのでしょうか。

また、その質問に対する回答もご紹介します。

疑問・質問!

Q:ニキビを予防するにはどんな方法がありますか?

A:規則正しい生活やバランスのよい食事を摂ること、清潔にすることが大切です。

大人ニキビの場合はストレスをためないように気をつけましょう。

皮脂の過剰な分泌だけでなく、乾燥もニキビの原因になります。日焼けにも注意です。

Q:ニキビ肌に効果的なスキンケア用品は、どんな成分が配合されているものを選ぶといいですか?

A:殺菌や抗真菌作用がある成分にはサリチル酸やイオウ、イソプロピルメチルフェノールなどがあります。

それから、アラントインやグリチルリチン酸には抗炎症作用や消炎作用があり、クエン酸やハマメリスエキスなどには毛穴を引き締める作用があります。

ピーリング効果があるグリコール酸や乳酸、美白効果があるプラセンタエキス、保湿効果があるセラミドやグリセリンなど、さまざまな効果が期待できる成分がありますので、スキンケア用品を選ぶときには参考にしてみてください。