ニキビとは?食生活や乾燥が原因?詳しく解説!

ニキビとは?食生活や乾燥が原因?詳しく解説!

ニキビとは?食生活や乾燥が原因?

肌が荒れていると気分も沈んでしまいますね。

毎日きちんとスキンケアをしていても、食生活が乱れていたり清潔さを保てなかったり、空気が乾燥していることで肌は荒れてしまいます。

洗顔方法が間違っていて、化粧品が肌に残ってしまっている状態なども肌にはとても悪いです。

そのような状態が続くと肌は荒れてしまいますが、その肌荒れの一つがニキビです。

ニキビとは、皮膚疾患の一種です。別名「尋常性ざ瘡」ともいわれています。

誰でも一度はニキビができたことがあるのではないでしょうか。

顔や背中、デコルテなどにできることが多く、赤く腫れたり、白い芯が入ったようなものができます。

ひどい場合は黄色や黒いニキビまで悪化してしまいます。

顔中にニキビができてしまって、早く治したいからと無理矢理つぶそうとしたり手でいじってしまうと痕が残ってしまうこともあります。

皮脂の分泌が過剰になって毛穴に詰まったり、汚れが付着したりすることでニキビはできます。

皮膚の一番外側の表面のことを角層といい、この角層が厚く硬くなってしまうと、ターンオーバーが正常に行われなくなります。

そうすると出て行くはずの皮脂が出られなくなり、コメドになってしまうのです。

成長ホルモンや女性ホルモンの影響を受けることもありますし、睡眠不足や深刻な乾燥、栄養不足などが原因となることもあります。

女性だけでなく、男性でもニキビはできます。思春期ニキビや大人ニキビなど、ニキビの種類はいろいろあり、年齢や原因によってできる場所や種類が変わってきます。

思春期ニキビはいくつも同時にできてしまったり、大人ニキビは大きく目立ち、治りにくいというような特徴があります。

さまざまなケア用品も販売されていますが、人によっては病院に通院しなければならないほどニキビに悩まされることもあります。

肌が荒れてしまうと顔の印象も変わってしまいますので、なるべくニキビができないように気をつけたいものです。

ニキビの種類

頑張ってスキンケアをしていても疲れがたまっていたり食生活が乱れていたり、アンバランスな生活習慣によってニキビはできてしまいます。
どんなにいいスキンケア用品を使っていても、避けられない時もあります。

できてしまったものは仕方ありませんが、できるだけ早く治したいですよね。

正しくケアをしてニキビを治すには、ニキビの種類を知っておくことが大切です。

ニキビのなかでも最もできやすいのが白ニキビです。

名前のとおり、白く小さい吹き出物で、ニキビの初期段階のものです。

白ニキビは潰してもいいという人もいますが、触ることによって悪化し、無理矢理潰してしまうことによって痕が残ってしまう場合もあります。

丁寧に洗顔し、清潔にしていることでほとんどの場合治ります。

白ニキビが参加して黒ずんでしまったものが黒ニキビです。

これもニキビの初期段階もので、洗顔と保湿を丁寧に行えば進行を防ぐことができます。

ただし、白ニキビよりは進行が早いので清潔を保つように気をつけなくてはいけません。

また、黒ニキビはシミになりやすいともいわれています。

白ニキビや黒ニキビが悪化してしまうと、赤ニキビや黄ニキビになってしまいます。

炎症が起こってしまっていて、ここまで進行してしまうと痛みを伴う場合もあります。

赤ニキビは、皮膚の細胞が繁殖してしまったアクネ菌や雑菌を撃退しようとしている状態です。

赤く腫れていて目立つので気になりますが、触ったり潰したりすることは厳禁です。ニキビ対策の化粧水や低刺激の洗顔料でケアをする必要があります。

それから、10代におでこや小鼻まわりにできやすいニキビを思春期ニキビ、20代半ばから顎や頬周りにできやすいニキビを大人ニキビと呼びます。

思春期ニキビはホルモンバランスの乱れが、大人ニキビはストレスや化粧品、食生活などが原因となることが多いです。

いずれも丁寧にケアしておかないと痕が残ってしまう可能性があります。

ニキビケアにはジッテプラスも良いです。

ジッテプラス(Jitte+)の口コミや効果を全暴露!肌質で選びましょう!